臭いの原因は汗や雑菌だけではなく、病気が原因しているものも

臭いの原因は汗や雑菌だけではなく、病気が原因しているものも

日本人はもともと体臭が薄い人が多いですが、最近は食生活の変化などもあり、以前に比べて体臭が強い人が増えています。
体臭の原因となるのは主に汗ですが、汗に雑菌がくっつくことで、雑菌が多く繁殖されることになり、臭いにつながってしまいます。

 

そして、臭いの原因は汗や雑菌だけではなく、何等かの病気が原因しているものもあります。
汗臭さとは違う、独特の臭いが発生している場合は何等かの疾患が影響している場合もありますので、それに応じた対策を行っていきましょう。

 

臭いを抑える方法としては、清潔を保つこと、市販の消臭剤を使うことなどが有効ですが、こうした対策では改善できない症状もあります。

 

体臭の悩みのひとつに、体から魚のような臭いがするというものもあります。
魚を触ったり、食べていないにかかわらず魚臭いという場合は魚臭症である可能性があります。
これはトリメチルアミン尿症とも呼ばれている症状で、臭いの元となるのがトリチルアミンという物質で、これが魚の腐ったような臭いを発生させることとなります。

 

これは世界でも珍しい症例となっており、それゆえに改善策がわからないという人もあるのではないでしょうか。

 

こうした臭いはかなり強いものもありますが、本人は意外と気づいていないことも少なくありません。とはいえ、他人に不快感を与えやすいものですので、やはり改善はしておきたいところです。
そして、治療方法はあるのかということとなりますが、残念ながら根本的な治療方法はないとされています。

 

とはいえ、改善策はあり、食生活を改善することで、かなり体臭は抑えられるとされています。
通常であれば食べ物を消化する際に発生するトリメチルアミンは分解されますので魚臭くなることはありませんが、肝機能の低下などの原因があるとそれが分解されず、呼気や汗から放出されてしまうこととなります。

 

それゆえにトリメチルアミンを発生しづらくする工夫も必要ですが、コリンやレシチン、トリメチルアミンオキシドなどはトリメチルアミンを発生させやすくなりますので、こうした成分を含む食品を避けることも改善につながります。

 

まず、コリンを多く含む食品としてはまず卵黄があげられます。そして肉類にも多く含まれていますが、特に加工肉や内臓系には注意が必要です。
野菜は安心というイメージがありますが、アブラナ科のブロッコリーなどには多く含まれていますので、こちらも注意が必要です。

 

さらにレシチンも注意したいですが、レシチンを多く含む食品としては卵黄がよく知られています。
このほかではコーン油やナッツ類、小魚などにも含まれていますので、油脂類を摂るときなども注意が必要です。

 

そしてトリメチルアミンオキシドは、魚類に多く含まれています。エビやカニなどの甲殻類、イカやタコといった軟体動物などにこうした物質が多く含まれていますのでこうした食品も控えてみましょう。

 

毎日の食事制限は手間もかかりますが、しっかり行うことでトリメチルアミンの発生が抑えられますので、体臭対策がかなり楽になります。