色白は難を隠すどころか魅力がとても感じられる

色白は難を隠すどころか魅力がとても感じられる

色白は七難隠す、と言いますが、難を隠すどころか魅力がとても感じられます。

 

はっきり言いますと、顔の造りが多少残念でも肌がきれいで色白な女性は、モテます。男性から見て魅力的です。女性らしさを感じます。最近は、やたらと目を強調するメイクや頬を赤く塗るメイクが流行っています。女性同士では重要なことかもしれませんが、男性はひとつひとつのパーツを強調させるメイクが上手な女性よりも、ぱっと見た印象で清純にみえる美肌や色白に好印象を持ちます。

 

では、肌のきれいな女性たちはいかにしてあの「美肌」を手に入れているのでしょう。体質や年齢ももちろんあるとは思いますが、それ以上にあるのは「努力」なのです。

 

美肌への道は、幼少期にはもうスタートしています。

 

例えば、お母様が美肌・色白などへの関心が高い家庭で育った娘さんは、幼少期より日焼け止めを塗ったり日傘の中に入れてもらって過ごします。そして無意識に日陰を好んで歩くようになり、やたらと太陽を浴びるような遊びを避けます。いわゆるお嬢様スタイルです(笑)。

 

思春期に入ると、にきびができたりそばかすができたり、肌のことを考えなければならなくなってきます。そこでケア用品をうまく使ったり、場合によっては皮膚科へかかったりするという選択ができれば、その後の人生も美肌女性ルートを歩めます。しかし、思春期というのは忙しく、紫外線を浴びまくって肌に負担がかかってしまいます。また、お金もケア用品に使うような余裕がないことがほとんどで、紫外線対策はターンオーバーに任せるのみの場合が多いです。

 

そして大人になって美肌、色白の重要性に気づく頃、それまでの過ごし方によって差が出ています。気づくのが遅ければ遅いほど差は大きいです。

 

しかし気づいた時点から、改善や保持をしていくことができます。昨今良いケア用品やサプリメントがあります。涼しいカオして清純できれいな彼女たちは、家で夜な夜なケアをして、肌に良いものを摂取し、出かける前にも対策をして常に紫外線と戦っているのです。