海藻類は酸性の食べ物を中和して腸内環境を整える効果

海藻類は酸性の食べ物を中和して腸内環境を整える効果

暑さで大量に汗をかき、薄着になる夏場などは自分の体臭を気にする人も多い事でしょう。消臭スプレーなどで一時的に臭いを誤魔化す事も出来ますが、やはり臭いの原因をなんとかしたいものです。なぜ臭いが気になるようになるのかを理解し、予防していきましょう。

 

そもそもなぜ体臭がキツくなってしまうのか、それには普段の食事が大きく関係しています。食べた物は腸で分解され、栄養を体内に取り込んで血流に乗せて栄養を全身に行き渡らせるのですが、その際に臭いの原因となる物質も一緒に取り込んでしまい、それが全身に行き渡る事で臭いがキツくなってしまいます。また、偏った食事によって腸内環境が荒れる事で増加した悪玉菌が食べ物を腐敗させ、アンモニアや硫化水素などの臭いの元となる有害な物質を発生させてしまい、より臭いがキツくなってしまうのです。

 

ではどんな食べ物が臭いの元となるのでしょうか。臭いの原因となるのは主に動物性タンパク質を中心とした酸性の食べ物と言われていますが、特に肉類や乳製品などが臭いの原因になりやすい食べ物として挙げられます。肉類は分解されアミノ酸として吸収されますが、その際に一部がアンモニアとなり、臭いの原因となります。

 

乳製品は腸の内側にビッシリ並ぶ腸絨毛の隙間に詰まりやすく、腸内に留まり続ける事で腐敗してしまい、臭いの元となってしまうのです。他にもジャンクフードなどに大量に含まれる添加物は消化され難く、腸内に留まり続ける事で腸内環境を悪化させ、悪玉菌を増加させる原因となってしまいます。

 

これらを控える事でも体臭の予防にはなりますが、現代社会において肉類やジャンクフードを避け続けるのは中々難しく、乳製品に至ってはそれ自体は身体に良い物も多い事から、控えるのはあまり良い事とは言えません。そこで、臭い物質が吸収されるのを防いでくれる食べ物を食べ、臭いがキツくなるのを予防しましょう。

 

リビドーロゼで対策するのも良いでしょう。

 

体臭予防に有効な食べ物として有効であるとされるのがワカメやコンブ、メカブといった海藻類です。海藻類に多く含まれる水溶性食物繊維には腸内に溜まっている臭い成分や悪玉菌、腸内に留まり続けて腐敗した食べ物などを便として体外に排出するのを助ける働きがあります。水溶性食物繊維が水に溶けるとドロドロとしたゲル状になり、それによって腸内に居座り続ける物を包み込んで一緒に便として排出されるのです。腸内に留まり続けていた物や悪玉菌も一緒に排出される他、海藻類はアルカリ性の食べ物である事から、酸性の食べ物を中和して腸内環境を整える効果も期待できます。

 

体臭は普段の食生活の影響を強く受けます。肉類や乳製品、ジャンクフードなど、臭いの原因となる食べ物を避けるだけでは限界もある事から、臭いを予防する食べ物を一緒に食べるのがいいでしょう。特に体内の臭い成分や悪玉菌などを包み込んで排出し、臭いを予防するだけでなく、酸性の食べ物を中和して腸内環境を整えてくれる海藻類はオススメです。